RECRUIT

洒落者による、洒落者のためのカンパニー。

世に数本しか存在しない限定モデルのパテックフィリップ、目の肥えた女性が思わず唸るシャドーバーキン、エルメスの美しいロードバイク…そうした珍しい名品との運命的な出会いを求め、世界中の洒落者たちが訪れるギャラリーのごとく品格に満ちた場所。それこそ、ギャラリーレアが作りたい店の姿です。むろん、派手な法被を着て安さを叫ぶようなスタッフは皆無。店頭に立つのは、逸品が紡いできた物語や歴史に精通し、その価値を見極める審美眼を持ち、時には外国語を操りながらしなやかに商談をまとめあげる粋で知的な男女だけ。そんな洒落者による、洒落者のためのカンパニーづくりを、いよいよ世界規模で始めます。これから入社する、あなたとともに。

地球儀

世界中の伊達者たちが、僕らのセンスを待っている。

今や当社売上の3割は外国人顧客。当社が扱うレアで貴重な品々を求め、また我々の審美眼を評価してくださり、世界中の資産家の方々が次々と店舗や当社ECサイトに訪れてくださるようになりました。確かな世界市場でのニーズを受けて、当社は2016年に一気に海外市場へと主戦場を移します。まず狙うは、ASEAN加盟国の成功者たちが集うシンガポール。旺盛な消費意欲を持ち、ビジネスに精を出す気骨あふれた若きビジネスパーソンや社交家らで賑わうシンガポール出店を皮切りに、タイ、香港、台北、マレーシアへと展開していきます。世界中の伊達男やレディーたちが、我々のセンスを待っている。さあ、一緒に世界へ。

ギャラリーレアの未来予想図

2016

2020年の東京五輪に向けての景気高揚の中業績をさらに向上。
事業規模:年商64億、店舗数13店舗(うちシンガポール1店舗)

SHOPS

SINGAPORE

2020

東京五輪の影響で海外からの顧客訪問が増加。ギャラリーレアは日本の企業ながらすでにシンガポールに進出しており、シンガポール法人ではASEANマーケットに向けたインターネット通販事業を本格化。
事業規模:年商150億 店舗数20店舗(うちシンガポール2店舗・タイ1店舗・香港1店舗)

JAPAN 20 SHOPS / SINGAPORE 2 SHOPS /
THAILAND 1 SHOP / HONG KONG 1 SHOP

2025

太田延彰は代表取締役を退任、創業一族以外から社長を選任し、ギャラリーレアは名実ともにパブリックカンパニーに。

THE CHOSEN ONE

2030

東京五輪後の日本の景気の後退を予見し、すでに主戦場を海外にシフト。シンガポールのほかタイ、香港にマレーシア、台北にそれぞれ支社を設立、各国にも実店舗を展開。
事業規模:300億 店舗数30店舗(うちシンガポール3店舗・タイ1店舗、香港1店舗、台北1店舗、マレーシア1店舗)

JAPAN

SHOPS

SINGAPORE

SHOPS

THAILAND

SHOP

MALAYSIA

SHOP

HONG KONG

SHOP

TAIPEI

SHOP

EXPECTATION OF SALES
FOR
GALLERY RARE

ギャラリーレアがやっていること

店頭販売事業

取り扱う商品は、数十万~数百万円の高級品ばかり。主に富裕層向けのニッチな市場に向けた事業を展開しています。滅多に市場に現れないレアな逸品が並ぶギャラリーのような当社ショップ名は、そのコンセプト通り「GALLERY RARE」。こうした品々の価値や物語を知り尽くす店舗スタッフたちが、運命の出会いを求めて訪れてくださる多くのジェントルマンやレディーたちへ、逸品をご紹介しています。また外国人観光客の皆さんに対する免税販売も行っているため、巧みな語学力を操るスタッフも多く在籍しています。

買取事業

買取事業で活躍するのは、バッグやパース、洋服といった高級ブランドのあらゆるアイテム、時計やジュエリーまで、各ジャンルに精通し、確かな審美眼を持つバイヤーです。お客さまが大切にされてきた品々はバイヤーが査定し、適性価格によってお買取させていただいた後、「GALLERY RARE」の店頭はもちろん、オークション、ECサイトへと出品されてゆくのです。ちなみに「GALLERY RARE」の店頭で扱う品は数十万~数百万円の高級品ですが、買取事業については、基本的にどのような状態の品でもお買い受けしています。

オークション

バイヤーが査定を行い買い取った品々の一部は、同業他社に対して開催する当社主催のオークションに出品されます。オークションを開催するのは、東西流通の中心となる大阪。ここでは多くの人脈形成、情報交換がなされており、オークションを運営・指揮する当社スタッフらは、業界活性化に一役を買っているんです。こうした同業者間取引オークションは今でこそ「当たり前」ですが、先駆けてスタートしたのは私たちギャラリーレア。業界を牽引するリーディングカンパニーとして、新たなチャレンジに臆することなく挑み続ける。私たちのポリシーです。

EC事業

「GALLERY RARE」は公式サイトや楽天、Yahoo!をはじめ、各種ショッピングモールにも出店しています。EC事業をスタートして以来、店舗に足を運んでいただけない遠方のお客さまも、当社セレクトの品々をご購入くださるようになりました。もちろん海外のお客さまもWebを通じて次々とご来店くださるので、EC事業部には外国語を操るメンバーが勢揃い。またWebでは販売だけでなく買取サービスも行っており、EC事業部に所属するスタッフは、店頭在庫確認や査定価格の提示を行うために、他事業部との綿密な連携プレーを行いながら仕事を進めています。

代表 太田延彰

酒の話やないで!

まずは黙って、オン・ザ・ロック。

「入社1年目から新規事業任せます!」なんて気持ちいい台詞を叫ぶ会社は多いけど、当社は残念ながら違います(*能力等により、例外もあります)。3年なら3年、きっちり基礎づくりをしていただきます。「石の上にも3年」というコトバを作った先人たちは、たいしたものだと思います。だって入社当初は「うん?」と首をかしげたくなっていた社員が、3年後めざましい成長を遂げていること、すごく多いんですよ。しかも人望も身につけたカッコいい男や女になっていたりするから、面白い。

世界が見たけりゃ、見に行きなよ。

例えば入社して3年きっちり修行した後。「俺は世界を見たいんだ」と言うならば、海外研修というチャンスを与えてもいいと思っています。語学や海外ビジネスについてたっぷり学んで、帰国後還元してくれるなら、それは皆にとって素晴らしい財産になるから。それに、海外支社を任せる可能性もあるので、常にパスポートは用意しておくように(笑)。また、海外ビジネスが本格化するにあたり、英会話研修制度も用意しようかと考えているところです。その他、表彰制度や社販制度など、現場の意見を取り入れながら色んな制度を用意しています。あなたも意見があれば、ぜひアイデアください。

名品が醸すロマンに、惚れています。

名品が醸すロマンに、惚れています。

今やファストファッションが世を席巻し、大量生産・大量消費が当たり前の社会。もちろんファストファッションも優れたビジネスですが、やはり当社スタッフは、高級ブランドの名品が醸す歴史ロマンや物語に、心底惚れ込んでしまっています。エルメスバッグに詳しすぎる若者もいますし、宝石鑑定なら任せろという若者もいる。皆、自分は名品を扱うプロフェッショナルなのだという意識に高揚し、成長意欲に駆り立てられています。素晴らしい名品を手にし、鑑定する時。粋なお客さまに、それを販売する時…そのたびに「名品にふさわしい人間にならねば」と、背中がピンと伸びてゆく。その感覚を是非、感じてほしい。最高なんですから。

One for all, All for one.

「俺は一匹狼だ」なんてカッコつける人は、残念ながら当社には合わないと思います。自分の評価を上げるために、仲間を騙して蹴落として…なんてズルい人は必ず嫌われちゃいますし、ぜんぜん評価もされません。ギャラリーレアはチームワークをなにより大切にする会社。有名すぎるコトバだけど、合い言葉は、One for all、All for one。だから、個人ノルマも課しません。未熟な新人も、腕利きのベテランも、皆で支え合って目標達成に挑んでもらいます。その姿はまるで、スポーツチームに似ているかもしれない。そんな空気が肌に合うのか、知らず知らずのうちに、スポーツマンなスタッフが増えちゃいました。

店長になりたいと、上司に直談判

完全なるド素人が2年半で買取No.1店舗の店長に。

ECサイト運営を希望したはずが、配属は店舗での買取業務。でも、先輩方の鮮やかな仕事ぶりに魅了され、一気に憧れを抱きました。初めての買取はダンヒルのカフス。今なら一瞬でできる査定も、大汗をかきながらしどろもどろで、お客さまも店長も苦笑いでした。そんな私でも、社交性と負けん気、向上心を武器に少しずつ成長。率先して全国の店舗で経験を積み、入社3度目の冬を迎えるころ、社内一の歴史と実績を誇る心斎橋本店の店長に就任。行動がそのままチャンスになる会社です。