interviewインタビュー

逸品を扱うからこそ経験できる、接客の醍醐味。
店舗統括部
店長
K.S

entryarrow

Q.入社の経緯と決め手はなんですか?

2015年4月に新卒で入社しました。当時はコロナ禍の前でインバウンド向けのビジネスも盛んだったので、フランス留学の経験を活かして、英語やフランス語を使った接客や営業の仕事をしたかったんです。また、入社前に実際に働いている人の話を聞きたいとお願いしたら、人事担当の方がすぐにセッティングしてくれたので、同じように社員を大切にする社風なのだろうなと思い、入社しました。

Q.ギャラリーレアでのキャリアを教えてください

最初は店舗でセールスアテンダント(販売職)として配属されました。そこから1年間はさまざまな部署を見る意味で、本社の登録課や各地の店舗を転々と回り、2016年から現在の店舗に勤務しています。副店長になり、店長代理を経て、2020年10月に店長になりました。「新卒採用の女性で初めての店長」と言われ、ありがたくも身が引き締まる思いでした。

Q.1日のスケジュールを教えて下さい

10:30
出勤。店舗の掃除と1日のスケジューリング。朝礼。
11:30
オープン。スタッフが接客に専念できるよう、書類仕事やデータの精査などマネジメント業務を行う。
午後 順番に休憩を取りつつ、お客様への連絡や発送業務、接客も行う。基本的にプレイングマネージャーの立ち位置。
19:00
閉店。締め作業。19時30分頃退社することが多い。

休日 YouTubeやTikTok、Instagramなどで動画を観てリラックス。ハイブランドの情報を発信するインフルエンサーの動画を観ることも。お客様と動画の話で盛り上がることもあるので、アンテナを張っている。

Q.やりがいを感じる点や、印象に残っている出来事を教えてください

店舗というチームで頑張っているので、店舗としての目標値達成に向けたメンバーの動きが実績につながったときは嬉しいです。あとはやはり、お客様から「ありがとう」と言ってもらえたときの喜びはひとしおですね。お客様には年配の方、富裕層の方が多く、失礼のないように言葉遣いや話し方、お店の環境などにも気を遣います。緊張はしますが、世界で見聞を広げられた方や経営者の方などから、自分が住んでいる世界ではなかなか聞けない話を伺う機会もあります。そういった方から、接客術はもちろんのこと、人生について学んでいる側面もあるのだと思います。

Q.仕事で難しいと感じるところはなんですか?

20代の店長として、自分よりも年齢や経験が上のスタッフも含めてまとめていく難しさを感じたこともありました。皆さんが培ってきたものを大切にしつつ、自分が目指すマネジメントとすり合わせていけるよう、落としどころを考え抜きましたね。なんとかコミュニケーションを重ねていくことで、解決していけたように思います。

Q.ギャラリーレアの経営理念は「Find Your Something Special」ですが、仕事を通じて見つけた「Something Special」は?

さまざまなタイプの初対面の人から、話を引き出すテクニックです。私が思うに、接客は聞くことのほうが大切。お客様がどういう質問をされると嬉しいのか、本当に話したいことはなんなのか――、この仕事をして質問力が磨かれたように思います。

Q.学生へのメッセージ

入社したらその会社でなにか得るものを見つけるまで、粘り強く頑張ってみてほしいです。合わないと思ってもやってみると意外と得意だったということもありますし、そうでなくても我慢強さが身に付きます。目標をもってやり遂げた経験は大きな自信に繋がると思います。だからこそ、会社選びは大切。しっかり自分が納得できるまで追求してほしいですね。


社員の部署・役職はインタビュー当時のものです。

ギャラリーレアの人々people

01

古川デール

店舗統括部
セールスアテンダント
D.F

interview

02

清水花梨

店舗統括部
店長
K.S

interview

03

佐藤義男

オペレーション運営部
オークション課
Y.S

interview

04

西川佳那

管理部
経理課
K.N

interview

05

森本星也

オペレーション運営部
オークション課
S.M

interview

06

永見皓平

カスタマーサポートセンター
オンラインバイヤー
K.N

interview

entryマイナビへlink